"ゼロ"から稼ぐためのFX攻略サイト

FX専業トレーダーのリアルを暴露!専業を辞めた理由と学びを共有!

当ページのリンクには広告が含まれる場合があります。

FXをやる方の中には、FXだけで生計を立てる専業トレーダーに憧れる方も多いのではないでしょうか?

ただ、専業トレーダーになるかは慎重に検討した方がいいです。

僕自身、FX5年目の時に会社員を辞めて専業トレーダーになりましたが、いろいろ考え、現在は兼業トレーダーに戻ってFXをやっています。

今回は、僕が専業トレーダーを辞めた理由と、専業トレーダーを失敗して学んだことを赤裸々にお話したいと思います。

この記事を読めば、

  • 専業トレーダーのリアル
  • 専業トレーダーにはどんな苦悩があるのか
  • 専業トレーダーになる場合はどんな準備をしておくべきか

が分かります。

専業トレーダーになりたい方や興味がある方は、ぜひ最後までご覧ください。

目次

専業トレーダーを辞めた理由

僕が専業トレーダーを辞めた理由は、次の3つの苦悩があったからです。

  • 孤独すぎる
  • 退屈すぎる
  • プレッシャーが地獄

それぞれ詳しくお話していきます。

孤独すぎる

FXをやる方、実際にやっている方の多くは、本業の仕事があり副業でFXをやっているという方が多いと思います。

なので、本業で自然と多くの人(職場の同僚や取引先など)と関わると思いますが、専業トレーダーになった途端、良くも悪くもそういった関係が一切なくなります。

めんどくさい人間関係やしがらみから解放されるという点では良い面なのですが、自分から主体的に人と関わろうとしていかないと、本当に人間関係が希薄になっていき、どんどん孤独になっていきます。

1週間誰とも喋らないなんてことも
ザラにあったりします…

僕は、どちらかというと1人で過ごすことが好きな人間ですが、そういう人間でも、専業トレーダーの孤独感はキツかったです。

この「孤独すぎる」というのが、専業トレーダーを辞めた理由の1つです。

退屈すぎる

FXは、自分のルールに合致するエントリーポイントが来るまで、じっと待つ必要があり、それ以外の時間は一切することがなく、ひたすら時間を持て余します。

専業トレーダーになり立ての頃は、この自由な時間を楽しもうと、いろいろ旅行に行ったり、新しい趣味を探そうといろんなことにチャレンジしてみたりしましたが、そういったことも段々飽きてきます。

こういうお話をすると、

贅沢すぎる悩みだ!

と怒られてしまいそうですが、

実際ほとんどの時間を自分の自由に使えるという状況になると、結構持て余してしまうという状況になってしまいがちです。

なので、この「退屈すぎる」というのは、専業トレーダーを経験して分かったリアルな苦悩の1つだと思っています。

プレッシャーが地獄

これが専業トレーダーを辞めた1番の理由です。

当たり前ですが、専業トレーダーはトレードで稼がないと収入が「0」です。

なので、兼業の時にはなかった、

FXで稼がないといけない

というプレッシャーと闘う必要があり、このプレッシャーが想像以上に地獄です。

このプレッシャーは厄介で、

  • 冷静なトレード判断が出来なくなる
  • かなりの精神的ストレスを感じる

という状況に追い込まれます。

特に、連敗して次のエントリーチャンスを待っている時はキツくて、

次も負けたらどうしよう…

このまま勝てなかったらどうしよう…

というような、

兼業トレーダーの時に克服したはずの、メンタル面の恐怖が再発したりして、かなりストレスを感じることがあります。

こうしたプレッシャーに段々と耐えられなくなっていき、僕は兼業トレーダーに戻る道を選びました。

専業トレーダーを失敗して学んだこと

専業トレーダーを辞めた理由(専業トレーダーの苦悩)を踏まえて、ここからは

どうすれば専業トレーダーを失敗せずに済んだのか?

というお話をしていきます。

ここでのお話が、「専業トレーダーになる場合はどんな準備をしておくべきか」に繋がります。

お伝えしたいことは次の3つです。

  • コミュニティ(繋がり)を作っておく
  • 貯蓄を準備しておく
  • FX以外の収入源を作る

それぞれ詳しくお話します。

コミュニティ(繋がり)を作っておく

専業トレーダーになると、「孤独になる」とお話させていただきました。

なので、専業トレーダーになる前に、何かしらのコミュニティ(繋がり)を作っておくことをオススメします。

トレード仲間でもいいですし、趣味の仲間でもいいですし、人との繋がりを作っておくといいです。

専業トレーダーは想像以上に孤独になりますので、そういった繋がりがあると、孤独感を紛らわせることができ、専業トレーダーを続けていきやすくなると思います。

貯蓄を準備しておく

どうせFXをやるなら
専業トレーダーになってみたい

というように、専業トレーダーを1つの目標とする方もいると思います。

ただいえることは、

専業トレーダーはゴールではなく、そこから新しいスタートになります。

なので、最悪専業トレーダーを失敗した場合のことを考えておき、

FXの収入が無くても1年間は生計を維持できる貯蓄

を準備しておいた方がいいです。

これは本当に大事で、

FXで無収入だったとしても、1年間は生活していけるだけの備えがある

というのは、

「FXで稼がないといけない」というプレッシャーを和らげることができ、
たとえ連敗したとしても、いつも通り冷静にトレードをしていけるようになります。

なので、専業トレーダーになる場合には、

1年間は生計を維持できる貯蓄

を準備しましょう。

FX以外の収入源を作る

先ほど

「1年間は生計を維持できる貯蓄を準備しておく」

とお話ししましたが、それだけだとFXで稼がないといけないというプレッシャーを完全になくすことは難しいです。

なので、

「FX以外の収入源を作る」

ということをオススメします。

自分で何かビジネスを始めたり、これまでやってきた仕事のスキルを活かして、フリーランスとして収入を得たりなど、別の収入源を作ることが望ましいです。

そうすることで、
「FXで稼がないといけない」というプレッシャーを和らげることができますし、
自然と人と関わるようになるので、孤独を感じることも少なくなります。

また、FX以外にもいろいろと活動するので、退屈を感じることもなくなっていきます。

それだと専業トレーダーになった意味がないんじゃ…

と思われる方もいるかもしれませんが、正直完全にFX1本だけでやっていくというのは、かなりキツいです。(精神的に)

中には「全然FXだけでもやっていける」という方もいると思いますので、そういう方はFX1本だけでOKだと思います。

ただ、ここまでの話を聞いて、少しでも不安に感じた方は、

FX以外の収入源を作った方がいい

ということを頭の片隅に入れておいてください。

まとめ

専業トレーダーを辞めた理由と、専業トレーダーを失敗して学んだことをお話してきました。

それでは、最後におさらいをします。

この記事のまとめ
  • 専業トレーダーを辞めた理由
    ①孤独すぎる
    ②退屈すぎる
    ③プレッシャーが地獄
    ※特に「FXで稼がないといけない」というプレッシャーがキツい
  • 専業トレーダーになるならやっておくべきこと
    ①コミュニティ(繋がり)を作っておく
    ②貯蓄を準備しておく
    ③FX以外の収入源を作る

今回の話を聞いて、専業トレーダーのイメージが変わったという方もいるのではないでしょうか。

専業トレーダーと聞くと、華やかなイメージを持つ方も多いですが、実際はいろんな苦悩もあったりします。

この僕の失敗談や学んだことが、あなたのFX人生のお役に立てたらと思い、お伝えさせていただきました。

今回の話が少しでも参考になれば嬉しいです。

以上、最後までお読みいただきありがとうございました。

ブログランキング参加中!

記事がお役に立ちましたら、ぜひ本サイトの応援をお願いします!
(下記のバナーをそれぞれクリックして頂けると1票が投じられます)

にほんブログ村 為替ブログへ FX初心者ランキング

新しい記事を投稿したらX(旧Twitter)で共有しますので、
Xもフォローしていただけると嬉しいです。

この記事をシェアする
  • URLをコピーしました!
目次